NEWSお知らせ

映画情報
20歳のソウル

「市船soul」を作曲した青年・浅野大義と、市船吹奏楽部の絆が生んだ奇跡を辿った原作「20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド」(中井由梨子 著/小学館 刊)を映画化。 浅野大義は市立船橋高校吹奏楽部でトロンボーンを担当し、青春を謳歌していた。顧問の高橋健一先生に大きな影響を受け、心身共に成長していった。そんな中、野球の強豪校でもある市船・野球部のために、オリジナル応援曲の作曲に挑戦。高橋先生からの叱咤激励もあり「市船soul」が誕生する。そして、いざ試合で演奏されると〝神応援曲″と呼ばれる様になる。高校を卒業した大義は、高橋先生の様な教師を志し音楽大学へ進学、夢に向かってキャンパスライフを過ごしていた。そんな中、ある日突然、大義の身体に異変が襲う。診察の結果、大義の身体は癌に侵されていたー。

SNS 各SNSで最新情報を配信中