NEWSお知らせ

映画情報
線は、僕を描く

全国の書店員大絶賛の青春芸術小説『線は、僕を描く』を横浜流星主演で映画化。 大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。白と黒のみで表現された水墨画が色鮮やかな世界となって拡がる。水墨画の巨匠・篠田湖山に声をかけられ、霜介は水墨画を学び始める。水墨画とは筆先から生み出される「線」のみで描かれる芸術。描くのは「自然(命)」。目の前にある「命」を白と黒だけの世界で表現する。霜介は初めての水墨画に戸惑いながらも魅了されていくー。

SNS 各SNSで最新情報を配信中