NEWSお知らせ

映画情報
破戒

1948年、1962年と映画化された島崎藤村・不朽の名作「破戒」を再映画化。 瀬川丑松(間宮祥太朗)は被差別部落出身ということを隠して地元を離れ、小学校の教員として奉職する。彼は良い教師だったが、出自を隠していることに悩み、また、差別で心を乱し、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。学校で出自について疑念を抱かれ始めた丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に傾倒していく。そんな中、猪子の演説会が開かれる。丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った凶刃により命を落とす。この事件がキッカケとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へ立とうとする。

SNS 各SNSで最新情報を配信中