NEWSお知らせ

映画情報
桜色の風が咲く

9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となった東京大学先端科学技術研究センター教授・福島智の生い立ちを描く。 教師の夫、三人の息子とともに関西の町で暮らす令子。幼少時に視力を失った末っ子の智は、東京の盲学校で高校生活を謳歌。だが18歳のときに聴力も失う。智に立ち上がるきっかけを与えたのは、令子が彼との日常から見出した“指点字”だった。困難を乗り越えていく母子の行く手には、希望に満ちた未来が広がっていく。

SNS 各SNSで最新情報を配信中