NEWSお知らせ

映画情報
戦争と女の顔

証言集「戦争は女の顔をしていない」を原案に、戦後、PTSDを抱えた元女性兵士の生と死の闘いを描く。 1945年、終戦直後のレニングラード(現サンクトペテルブルグ)。荒廃した街の病院で、PTSDを抱えながら働く看護師のイーヤは、ある日後遺症の発作のせいで、面倒をみていた子供を死なせてしまう。そこに子供の本当の母で戦友のマーシャが戦地から帰還する。彼女もまた後遺症を抱えていた。心身ともにボロボロの二人の元女性兵士は、なんとか自分たちの生活を再建するための闘いに意味と希望を見いだすがー。

SNS 各SNSで最新情報を配信中