NEWSお知らせ

映画情報
そして僕は途方に暮れる

2018年にシアターコクーンで上演され、絶賛を浴びた、監督・三浦大輔自身が書き下ろしたオリジナルの舞台を映画化。 自堕落な日々を過ごすフリーターの菅原裕一(藤ヶ谷太輔)は、長年同棲している恋人・里美(前田敦子)と、些細なことで言い合いになり、話し合うことから逃げ、家を飛び出してしまう。その夜から、親友・伸二(中尾明慶)、バイト先の先輩・田村(毎熊克哉)や大学の後輩・加藤(野村周平)、 姉・香(香里奈)のもとを渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場から逃げ出し、ついには、母・智子(原田美枝子)が1人で暮らす苫小牧の実家へ戻る。 だが、母ともなぜか気まずくなり、雪降る街へ。行き場を無くし、途方に暮れる裕一は最果ての地で、思いがけず、かつて家族から逃げていった父・ 浩二(豊川悦司)と 10 年ぶりに再会する。「俺の家に来るか?」、父の誘いを受けた裕一は、ついにスマホの電源を切ってすべての人間関係を断つのだが―。

SNS 各SNSで最新情報を配信中

Twitterやってます。
シネマニアのスタッフが最新の映画情報やちょっぴりマニアな映画の豆知識など、さまざまな映画愛をお届けしています。
映画好きのみなさんのフォローをお待ちしています!