アベンジャーズの後を継ぐ、最強ヒーローチームの活躍を描く映画『エターナルズ』が11月5日(金)に劇場公開される。本作の壮大な特報映像とUS版ティザービジュアルが全世界で解禁された。

様々な脅威から地球を守ってきたアイアンマンやキャプテン・アメリカら最強のヒーロー達<アベンジャーズ>が誕生するよりも、はるか昔から地球に存在し、何世紀もの間、人知れず人類を見守ってきた不死の種族<エターナルズ>の物語。『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く世界で、あの宇宙最凶最悪の敵・サノスをも超える未曽有の脅威が人類に迫るとき、<エターナルズ>はついに我々の前にその姿を現す。

特報では、何千年もの時を超えた壮大なスケールとどこか神々しくもある美しい世界観、そして今までのマーベルヒーロー達とは一線を画す、新たな最強ヒーローチームの登場を予感させる映像となっている。「我々はずっとこの星を見守り人類を導いてきた」という言葉通り、紀元前ともおぼしき太古の地球で人々が生活する様子から始まる映像は、今までアベンジャーズが戦ってきた現代よりも、はるか昔からエターナルズ達が存在していることがうかがえる。さらに、何世紀もの間、人知れず人類を導き見守ってきた彼らの存在が人類を守護する立場にあり、同時に彼らが我々の前に姿を現したということは、かつてない脅威が人類に迫っていることを示している。

この壮大な物語のキャストには、10年ぶりのアクション映画に出演するアンジェリーナ・ジョリーに加え、ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、キット・ハリントン、マ・ドンソクら豪華キャストが集結。そしてメガホンを取るのは、『ノマドランド』でアジア系女性として米アカデミー賞にて初の監督賞を受賞した、今世界で最も注目されている監督のクロエ・ジャオ。日本のマンガをきっかけにかつては漫画家を志しており、日本文化をこよなく愛すことでも知られている。監督本人も本作に関し「監督として映画を作っているわけではない。ファンとして作っているの。」とコメントするほどマーベル愛に溢れている。


映画『エターナルズ』11月5日(金)全国公開

(C)Marvel Studios 2021